妊娠しやすいタイミング

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

排卵検査薬のピークともっとも妊娠しやすいタイミングについて

 

妊娠を希望している人にとって、タイミングが分かることはとても大切なので、基礎体温を測ったり、体調をよく観察したり織物の状態を見たりと大変ですが、なかなか特定できないことが多く、妊娠に至らない期間がないほど焦る気持ちになります。排卵日を知りたいという人には、排卵検査薬を使うことがおすすめで、排卵日が分かれば、妊娠率は上がる傾向にあります。排卵検査薬で反応するのはLHサージと呼ばれる黄体化ホルモンで、排卵直前の大きさの来訪の成熟分裂を再開させて、排卵を引き起こすホルモンです。

 

排卵は、LHサージのピークから、24から36時間後に起こると言われていて、排卵があってから受精できるのは24時間程度です。排卵した時には、すでに受精可能な状態で待機しているのが良いので、実は、排卵日よりも、その前日か前々日が最も可能性が高いのです。排卵検査薬を使って、ピークを調べて、近くなったら朝夕の2回調べるなど検査の頻度を上げると、自分がいつ排卵したのかを段々とつかめるようになってきます。基礎体温は、排卵が起こった直後に変化するので、基礎体温も併用して確認すると良いでしょう。何周期か続けると、排卵の前の日やその前の日がいつなのか分かるようになってくるので、タイミングを試してみることがおすすめです。

排卵検査薬セット