排卵検査薬の採尿方法

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

排卵検査薬の採尿方法について

 

排卵検査薬は、尿の中に含まれている黄体形成ホルモンの量によって、排卵日が来たかどうかを判断するものですが、使用する排卵検査薬によって、その使用方法が若干違っている場合がありますので、製品に添付されている説明書類などにはあらかじめ目を通しておく必要があります。
採尿方法についても、製品によって違いが出てくる可能性はありますが、国産の排卵検査薬であれば、基本的には採尿方法に特別なきまりがあるわけではなく、朝・昼・晩のどの時期の尿を採取しても問題はないとされています。

 

排卵検査薬を使用する場合には、パッケージから取り出した上で、先端の部分に採取しておいた尿を少量だけかけるか、または浸けるなどして反応を見ることになります。
排卵検査薬が尿を吸い取った後は、水平な場所に置いて、それぞれの製品ごとに定められている時間が経過するのを待つというのが正しい取扱い方で、採尿方法そのものというよりも、むしろその後の経過時間などによって、結果をあやまって認識してしまう可能性がありますので、その点には注意が必要となります。
また、製品によってはデジタルで検査結果を表示してくれるもの、従来どおりラインの有無や濃淡の差を見るアナログの両方が存在しています。

排卵検査薬セット