排卵検査薬 おすすめ

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

排卵検査薬はおすすめ商品を選ぶようにしましょう

 

妊娠への1番の近道は排卵日を特定し、そのタイミングで受胎のための行動を起こすことですが、何にもしないで排卵日を特定するというのはほぼ不可能です。

 

タイミングを計るために基礎体温をつけている方も多いかと思いますが、実は基礎体温だけでも排卵日の特定は難しいんです。

 

では、どうしたら排卵日を特定することができるの?と思われる方もいるかと思いますが、そこでおすすめになるのが排卵検査薬です。

 

排卵検査薬は尿中に含まれる黄体形成ホルモンの分泌量を調べるための検査薬で、簡単な尿検査になりますから、誰でもどこでも簡単に検査することができる便利なアイテムです。

 

黄体形成ホルモンは排卵日が近づくにつれて徐々に分泌量が増えていき、排卵直前になると一気に分泌量が増えます。

 

これをLHサージと呼んでいますが、このLHサージを調べるためのアイテムが排卵検査薬なんです。

 

排卵検査薬はそれぞれで感度が微妙に異なりますが、現在販売されているものに限っていえば、どれも共通して精度が高く、ほぼ100%に近い確率で排卵日を特定することが可能になっています。

 

ただし、この精度の高さはあくまで、記載された使用方法に従い、正しく使用した場合に限られますから、排卵検査薬は使用開始する前に、しっかりと正しい使用方法を確認し、理解しておくことが大切です。

 

排卵検査薬は日本国内では薬局医薬品に指定されていますから、薬剤師が常駐している薬局でしか購入することが出来ません。

 

また、購入の際にはいくつかの質問に答えなければならない場合もありますので、購入自体をちょっと躊躇ってしまう方もいるようです。

 

そこで便利なのがインターネット通販サイトです。実は排卵検査薬はあちこちのインターネット通販サイトでも販売されていて、この場合だと時間も場所も選ばずに誰もが簡単に購入することが可能です。

 

ただし、インターネット通販サイトで販売されているものは、日本国内で正式に販売が認められているものではなく、海外からの輸入品になりますから、国内製品を安心して使いたいという方にはちょっと向かないかもしれません。

 

そうはいっても国内製品でも海外製品でも、肝心の精度に関しては同様に100%に近いものですから、質より量という方にとってはインターネット通販の方が大いにお得であると言えます。

 

インターネット通販で排卵検査薬を購入する際、種類が多すぎてどれを選べばいいのか分からないという場合もあるかと思います。

 

そういう時には、その通販サイトでおすすめされているものや、口コミなどで評価が高くておすすめされているものなどを選ぶようにすると排卵検査薬選びで失敗しないで済むようになります。

 

インターネット通販で排卵検査薬を選ぶ際に失敗しないコツは、おすすめ商品を購入するようにすること。

 

特に使い慣れていない方や初めて使うという方は、意識的におすすめ商品を選ぶようにするのが良さそうです。

 

排卵検査薬を使いたい方へのおすすめ

 

妊娠を希望する女性は、気になるのが排卵日です。

 

基礎体温を測定する方法や、病院で卵胞を定期的に確認する方法、おりものを調べるなどありますが、その中で感嘆で正確なのが排卵検査薬です。

 

排卵検査薬を使いたい人に、おすすめな商品の選び方や購入方法を紹介します。

 

国内の排卵検査薬は、現在は病院や調剤薬局で氏名、住所、電話番号を登録すると購入出来ます。
インターネットでは購入が出来ません。

 

しかし、最近は、個人輸入でも海外製の品が購入出来ます。

 

海外製は、国内品と比べるとかなり格安です。

 

作りはシンプルで、プラスチックの持ち手やキャップなどがないですが、検査の正確性は差はないといわれています。

 

ただ、初めて使用するときには、日本製がよいです。

 

日本製は、取扱い説明書や添付文書が日本語でわかりやすく、操作もしやすくて使いやすいです。

 

ただ、海外製も仕組みは同じなので、使い方に慣れてきたときは、海外製に変更した方が費用の負担が少ないです。

 

仕組みは同じですが、商品によって一箱に入っている本数や感度、検査にかかる時間などが違います。
また、排卵予定日も、1日前や2日前など、品によって異なります。

 

結果には個人差があるので、一つの商品で納得いかないときには、いくつかの商品を比較してみて、最も感度が確実なものを選ぶとよいです。

 

妊娠と排卵検査薬について

妊娠したい人には排卵日を予測して性行為を行う事でより高い確率で妊娠しやすくなる事から、排卵検査薬を用いる人も増えています。

 

排卵検査薬とは黄体ホルモンの数値から排卵日を予測できるもので、女性の排卵前に卵胞が成熟したというサインでエストロゲンを分泌します。

 

脳がエストロゲンの分泌を察知し、黄体形成ホルモンを増加させます。この黄体形成ホルモンの数値が排卵前になると急激に増える為、排卵検査薬で反応が陽性反応があると24時間から48時間以内に排卵が起こると言われています。

 

排卵検査薬を有効に使う方法として、陽性か陰性かは判断が難しいケースが多い事から、生理開始から2週間後あたりに排卵が起こると予測して、排卵が起こる2~3日前からの使用が望ましいです

 

。一日に1本使用する場合も良いですが、より綿密に検査したい場合には12時間おきの方が特定しやすいでしょう。

 

陽性が出たその日の夜か翌日の夜までに性行為をする事がタイミングとして良いでしょう。そして陽性と判断されて陰性になるまで排卵検査薬を使用する事がポイントです。

 

黄体形成ホルモンは検査薬に反応しにくい人もいる為、説明書通りに陽性が出にくい人もいます。

 

微量でも反応する人は陽性が数日続く事もある為、陽性から陰性に変わるまで検査する事が確実です。

 

排卵検査薬の判定が薄いラインばかりだと不安になりますよね

 

積極的に赤ちゃんを授かろうと計画し、それを実行しているという方の多くが基礎体温をしっかりとつけた上で、それと排卵検査薬を併用し、1番妊娠する確率の高まる排卵日にタイミングを合わせようとされています。

 

以前は基礎体温において最低低温日を記録した日が排卵日であると考えられていましたから、基礎体温と排卵検査薬を併用するという方は少ないものでした。

 

しかし、医療や機器の進歩により、基礎体温で最低低温日を記録した日が排卵日であるとは限らないというのが現代における考え方になっています。

 

このように様々な技術の発展によって、基礎体温だけでは排卵日を特定することが難しいと分かったため、積極的に妊娠を望む多くの女性が、基礎体温と排卵検査薬を併用するようになってきたのです。

 

排卵検査薬はその名の通り排卵日を特定するための検査薬ですが、これは尿中における黄体形成ホルモンを調べるための検査薬です。

 

黄体形成ホルモンは排卵が近づくにつれてどんどんと分泌量が増えていきますが、排卵直前になるとその分泌量は一気に増えます。

 

この一気に増えるのを一般的にLHサージと呼んでいます。

 

このLHサージとタイミングを合わせて、受胎のための性交渉を持つために、排卵検査薬を使っている方が多いのです。

 

しかし、LHサージが起こる時間はそれほど長くないため、LHサージが起こっているタイミングで排卵検査薬を使用できていないという方も少なくありません。

 

排卵検査薬を正しく使っているのに薄い陽性判定が続くといった方の場合、LHサージのタイミングと排卵検査薬を使うタイミングがズレてしまっている可能性がありますから、基礎体温による排卵予定日が近づいてきたら、朝夕の2回検査を行うようにしてみるのもいいかもしれません。

 

また、薄い陽性が続く、陰性が続くといった方の場合、黄体形成ホルモンの分泌量が少ないという可能性も考えられますから、もしも心配になっている方は、現在使用している排卵検査薬よりも感度の高いものに変更してみるのもいいかもしれません。

 

感度の高い排卵検査薬を使っても尚、薄い陽性が続く、陰性が続くという場合は、黄体機能不全と呼ばれる状態かもしれませんから、一度、婦人科で相談してみると安心と言えそうです。

 

ただし、あまりそういったことに神経質になったり、過度に不安を感じてしまったりすると、正常な状態であっても排卵が早まったり遅くなったりというズレを引き起こしてしまうことにもなりかねませんから、あまり神経質にならないようにだけ注意しておいた方が良さそうです。

排卵検査薬セット