計画出産 排卵検査薬

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

計画出産におすすめの排卵検査薬

 

女性は月に1回排卵し、その際に精子と受精することで妊娠することが出来ます。

 

妊娠したいと考えるなら排卵日前や排卵日に、妊娠をまだ望んでいないなら排卵日を外して性行為をすることは、家族計画にも繋がります。

 

通常、生理の周期が整っている人なら生理開始後から約14日後に排卵すると言われていますが、排卵日は人それぞれなので断定は出来ません。

 

そこで排卵日を調べるために排卵検査薬の登場です。

 

家族計画を立てる前にまずは自分の排卵日を知る必要があります。

 

排卵日を基準にして性行為を行うことで妊娠しやすい日と妊娠しずらい日を考えるのですが、1つ注意があります。卵子の寿命は排卵後24時間とされていますが、それに対し精子は射精後2~3日が寿命とされています。

 

卵子と精子で寿命が異なるので、排卵日ではない日に性行為を行なっても妊娠しないのではなく、排卵日2~3日前に避妊をせずに性行為を行うと妊娠する可能性はあります。

 

そのためまだ妊娠を望んでいないが、避妊をするのを忘れてしまった、では妊娠の可能性があるということを忘れないようにしましょう。

 

排卵検査薬を使って排卵日を知る、ということは妊娠の可能性を高めることが出来ます。

 

いつ子どもが欲しい、今はまだ、とそれぞれ考える所はあると思いますが、まずは自分の身体のリズムを知ることは将来を考える時に役立つ事になるでしょう。

 

自分にとっておすすめの排卵検査薬を知りましょう

 

排卵検査薬には多くの種類があります。尿で調べるものや唾液で調べるもの、さらにその中でも違いがあります。

 

排卵検査薬を選ぶ時にはどのようにして選べばいいのでしょうか。

 

「自分にとっておすすめ」なものは、排卵日がきちんとわかる排卵検査薬です。

 

排卵検査薬の違いは、感度の違いです。女性ホルモンの分泌量を検査することで排卵日を知ることが出来るものなのですが、その人によって女性ホルモンの分泌量は違います。

 

もともと女性ホルモンの分泌量が多い人ならば排卵日ではなくても女性ホルモンの量が多いため、感度の良すぎるものでは陽性が出てしまう可能性があります。

 

逆に女性ホルモンの分泌量が少ない人ならば、本当なら排卵日でも陰性が出てしまう可能性があるのです。

 

自分の女性ホルモンが多いかどうかは費用が5000円前後かかりますが、女性ホルモン量を病院で検査することが可能です。

 

「そんなことよりもとにかく妊娠したい!」ということならば、排卵検査薬と同時に基礎体温をつけることで排卵日のおおよその目安がつくため、そのタイミングでキチンと陽性の反応が出るものを選択するようにすると良いでしょう。

 

基礎体温と併用することで、妊娠する確率は上がる可能性もあります。

 

 

生理後から排卵日を計算すると…

 

排卵日の2日前から排卵日当日くらいまでが、女性の体は一番妊娠しやすくなっているそうですね。

 

そのため、妊娠を希望している夫婦は、この時期に性交渉のタイミングをはかると良いみたいです。

 

逆に、妊娠をしたくない場合は、この時期に性交渉をするのは避けるか、するとしてもちゃんと避妊をした方が良いんですね。

 

しかし、実際のところ排卵日って、どのように計算するのでしょうか?1か月の体温の推移で分かる(オギノ式という方法だそうです)みたいですが、そんな毎日体温を記録するのも面倒ですよね。

 

そこで、生理が毎月安定して来ている人に限ってなのですが、もっと簡単に排卵日を計算できる方法があるみたいです。それは、生理周期日数の丁度半分の部分を、排卵日とみる方法です。

 

例えば、生理周期(生理が始まった日から次の生理が始まる前日まで)が28日だとすると、14日目に排卵日が起きている可能性が高いんですね。

 

そのため、生理から大体1週間くらいで排卵となる計算になるのだとか。生理が終わって1週間くらいなら、数えるのも簡単ですね。

 

排卵の間際は、体温がちょっと下がった後にぐっと上がるそうなので、次の生理が終わって1週間ほど経ったら、私も体温を測って確かめてみようと思います。

 

排卵日が重要なタイミング法

 

不妊治療の中でも、比較的手軽に行えるものとしては、タイミング法が挙げられるそうですね。

 

これは、妊娠しやすいタイミングを見計らって、性交渉をする方法みたいです。別に特別な薬や治療を要しませんから、確かに手軽に行えそうですね。

 

しかし、妊娠しやすいタイミングとは、一体何時のことを言うのでしょうか?

 

調べたところ、女性は排卵の2日前から当日くらいの間が、一番妊娠しやすい体となっているそうです。

 

そのため、そこら辺の期間を見計らって、集中的に性交渉を行えば良いんですね。となると、このタイミング法では、排卵日を特定するのが何よりも重要ということになると思います。

 

排卵日は確か、低温期から高温期に上がる数日の間に起こると言いますが、これだと長期間基礎体温を測っていないと把握することは難しいそうです。

 

そのため、もっと手早く行いたいという人には、排卵検査薬の使用が推奨されるそうです。

 

これだと、毎日基礎体温をチェックする必要も無く、生理終了後くらいから毎日使うだけで、排卵日を1~2日前に予め把握することができるのだとか。

 

こっちの方が断然簡単だと思うので、私もタイミング法を実践する時は、この排卵検査薬にお世話になってみます。

 

無月経を早めに知るために排卵検査薬のおすすめ

 

妊娠したいのに、なかなかそれがかなわない方はたくさんいます。

 

しかしその原因は人それぞれで、ただ単にタイミングが合っていないだけのこともあれば、体に何らかの問題があることもあります。

 

この体に問題がある場合の中には、無月経ということが考えられます。

 

これは、健康な女性なら通常30日くらいの周期で生理が来るのですが、月経が来ない状態になってしまうことを言います。

 

 

15歳ころになっても月経がない状態だとさすがに本人も周囲もこれはおかしいと気づき、病院に行くのですが、来ていたはずの月経が止まってしまい、3か月以上も来ていないパターンもよくあります。

 

原因は色々あるのですが、パートナーがいる方はまず妊娠を疑いますね。

 

でも妊娠していないのに生理が来ないとなると、これは正常な状態ではありません。

 

ストレスや体調不良などで割と多くの方が経験するものですから、病院で早めに相談しましょう。

 

月経がないということは排卵もしていないので、排卵検査薬で早めに調べてみることがおすすめです。

 

たまに生理が来ないのに排卵検査薬で陽性が出ることがあるのですが、この場合はまた別の要因がある可能性があります。

 

どちらにしても、二か月以上排卵検査薬で陽性が出ないなら、病院に相談することを考えましょう。

 

 

1番妊娠しやすいのは排卵検査薬で陽性が出た後です。

少しでも早く赤ちゃんが欲しいと思っている方、なかなか赤ちゃんが出来なくてタイミングを窺っている方、不妊治療の一環としてという風に、色々な理由で排卵検査薬を使っている女性がいますよね。

 

排卵検査薬はその名の通り、排卵がいつ起こるのかを特定するためのものですから、排卵日をしっかりと特定したいという方にとっては欠かすことの出来ないアイテムでもあると言えます。

 

排卵検査薬で分かるのは、黄体形成ホルモンがどのくらい分泌されているかということで、この黄体形成ホルモンは排卵日が近づくにつれて分泌量が増えていき、排卵直前に一気に分泌量が増えるという特徴があります。

 

ですから、排卵検査薬を使って、この黄体形成ホルモンがどのくらい分泌されているのかを調べることで、排卵がいつ起こるのかということを特定することが出来るのです。

 

現在、数多くの排卵検査薬が市販されていますが、正しい使い方さえ守れば、どれを選んで使ったとしてもほぼ100%に近い解率で排卵日を特定することができるようになっていますから、特にどれがいいのかで頭を痛める心配は要りません。

 

排卵検査薬は簡単な尿検査で、ほんの数分待つだけですぐに判定が分かるようになっていますから、誰にでも簡単に使える検査薬ですし、場所を選ばずにどこででも検査を行うことができるようになっています。

 

排卵検査薬は判定窓にラインが出るか出ないかで陽性か陰性かを判定するようになっていますが、判定窓にラインが出たとしても、その色が薄い場合は陽性ではなく陰性と考えた方が良さそうです。

 

判定窓に表示されるラインは日を追うごとに色が濃くなり、ある日を境にまた薄くなっていきます。

 

この1番色が濃くなった日から薄くなるまでの間に排卵が起こると言われていますから、妊娠を望むのであれば最良のタイミングとしては、濃い陽性反応が出たその日ということができそうです。

 

ただし、卵子と精子それぞれの寿命まで考慮すると、1番濃い陽性反応が出た前日から色が薄くなる翌日あたりまでが、妊娠する確率が1番高くなる日と言えそうですので、そのタイミングでパートナーと仲良しすることをお勧めします。

 

排卵検査薬はそれぞれで微妙に感度が違いますし、判定が分かりやすい分かりづらいといった個性のようなものがありますから、ぶっつけ本番でやると判定に困ったりする場合も出てきてしまいます。

 

ですから、必ず1度は試しに使ってみて、どんな個性があるのかを把握した上で、それから本番に挑むようにした方が慌てたり困ったりしなくて済むようになるかと思います。

 

 

 

排卵検査薬セット