デジタル排卵検査薬のメリット

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

デジタル排卵検査薬のメリットは判定が明確

排卵検査薬というのは、尿中の黄体形成ホルモンの濃度を測定するものですが、これには試験紙のようなものに尿を吸い取らせた上で、アナログで反応を見るタイプのものと、デジタルで結果を表示してくれるものの、両方のタイプが出回っています。

 

アナログのほうが従来から存在している一般的な排卵検査薬ですが、こうしたタイプでは、検査窓に表示された、2本の罫線の有無とその濃度をもとにして、検査した女性自身が、陽性か陰性かという判定をすることになります。アナログであって黄体形成ホルモンが一定の濃度あれば、明確に表示がされるのですが、ときには罫線の濃度などが微妙で、どちらの結果が出たのかわからないようなこともあり、はじめてこうした排卵検査薬を使用する場合には、特に不安になりやすいものです。

 

その点、デジタル方式の排卵検査薬であれば、例えば陽性の場合は検査窓にはスマイルマークが表示され、陰性の場合には何も表示されないなど、かなり判定が明確であるという特徴があります。このため、アナログのタイプとは違って、目視のミスによって判定が覆るということがないというメリットがあります。
ただし、いかにデジタルであったとしても、所定の時間を経過するまで待たないなどの検査方法のあやまりがあった場合には、正確な結果が期待できませんので、注意文書はよく読む必要があります。

 

簡単で正確なデジタルの排卵検査薬の特徴

排卵検査薬は排卵日を教えてくれる大変便利なものです。しかし、従来のものは表示される線の濃さで陽性、陰性を判断するため、判断に苦しむことも多いものでした。そういった悩みを解決してくれるのがデジタル表示される排卵検査薬です。こちらは、従来のものに比べると値段が割高になっています。

 

しかし、従来のような線の濃さではなく、絵柄で表示されることが大きな特徴であり、そのことによって、検査結果が確認しやすく判定に苦しむことがなくなります。値段が少々高くなりましたが、それに見合った十分な性能です。

 

デジタルの排卵検査薬はいくつかのメーカーから販売されています。内包されている本数は各社5本から7本で金額は2000円台、3000円台となっております。検査の方法はどれも同じで、検査薬に尿をつけることで検査を行います。そして、尿に含まれる黄体形成ホルモン(LH)の量により判定を行います。

 

ここで、各製品で特長が分かれます。一つはデジタルで表示されるマークの違いです。絵柄の違いで表すものもあれば、表示される線の本数で判断するものもあります。もう一つは判定に要する時間です。時間は早いもので3分、長いもので15分の判定時間が必要になります。

排卵検査薬セット

デジタル排卵検査薬のメリットは判定が明確記事一覧

デジタル式排卵検査薬なら正確な判定ができる排卵検査薬は、尿中に含まれている黄体形成ホルモンの濃度から、排卵日が到来するか...

デジタル式とアナログ式、どちらが信用性が高い?排卵検査薬にはアナログとデジタルがあり、どちらも排卵検査薬としては優れてい...

産み分けと不妊治療不妊治療中というのは赤ちゃんができるだけでも満足してしまうものです。しかし、やはり性別も気になるところ...

産み分けと染色体現在は赤ちゃんの産み分けに関する研究がかなり進んできています。その産み分けについて考える前にいくつか知っ...

産み分けが注目されるのはどうして?産み分けが注目されている理由をご存知でしょうか?産み分けをしたい理由というのは、色覚障...

産み分けと精子の質男性が1度に出す精液の量というのはどの程度なのかご存知でしょうか。1度に出す精液の量は6ccくらいだと...

産み分けって本当に効果があるの?男の子や女の子など、希望している性別の子供を授かりたい!そのような希望を持っている方とい...

産み分けで女の子が欲しい!産み分けで元気で可愛い女の子を授かりたい!この産み分けというのは100%ではありませんが、成功...

女の子の産み分けに必要なことどうしても女の子が欲しい!男の子ではなくて絶対に女の子が良い!そのような場合にはやはり産み分...

排卵検査薬って本当に役に立つの?女性の一生で妊娠や出産というのは一度は体験したいものです。しかし、授かりものでもあるので...