産み分けと染色体

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

産み分けと染色体

 

 

現在は赤ちゃんの産み分けに関する研究がかなり進んできています。
その産み分けについて考える前にいくつか知っておかなければならない事があります。
それは、精子の染色体に関することです。

 

妊娠した時というのは精子に含まれる染色体が、男の子か女の子かを決定しています。
染色体というのはXとYとの2つの種類があります。

 

そして、卵子の染色体というのはX染色体であり、精子にはXとYとの2つの染色体があります。
男の子の場合には卵子のX染色体、そして精子のY染色体の組み合わせです。
女の子の場合には卵子のX染色体、そして精子のX染色体の組み合わせになります。

 

このように染色体の組み合わせによって男の子になるのか、女の子になるのか、ということが決定されます。
つまり、産み分け妊娠をするのであればこの染色体の受精について考える、ということが必須になるのです。

 

産み分けにもいくつか種類があります。
食べ物を利用したり、性行為時の体位、タイミングなどです。

 

最近では産み分けを行っている方も少なくありませんが、その中でも食品を利用して産み分けを行っている方も多いのです。
食品を利用した産み分けというのはとっても手軽ですので是非試してみてはどうでしょうか。

 

友達と一緒にプレママになる厄介さ

 

友達と一緒にプレママ!
最初はすごくうれしかったけど、いつの間にかトラブルの原因になってきたことってありませんか?
私は職場の友達と同じ年の子供がいるのですが、友達とプレママの時期は大喜びしていたんです。
「同級生だね~」って。
でも、子供が大きくになるにつれて、うちの子供はのんびりでマイペース。
相手の子供はハキハキと真面目なタイプで、正反対のような性格だとわかってきました。
そうなってくると、同じ年の子供がいると、「うちはもう言葉を話すようになってきた!」と自慢が始まったり。
うちの娘が出来ないと「まだなんだ~」と、上から目線で話されることが多くなり。
気づいたら、友人と話すことがストレスになってきました。
でも、同じ年だと、やっぱり気になるようで、しょっちゅう「○○ちゃんはどうしている?」と聞かれてしまうんですよね。
プレママ時代は、本当に妊娠が一緒で嬉しかったけど、今となっては、迷惑な友達になってしまい、扱いに困ってしまいます。
やはり子供が生まれてからっていうのは、難しい部分がありますね。
同じ年だからこそ、上から目線で話されてしまうと、嫌に感じてしまう部分が強くなってしまいます。
なんでこんなことになってしまったんでしょうね。

排卵検査薬セット