産み分けが注目されるのはどうして?

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

産み分けが注目されるのはどうして?

 

 

産み分けが注目されている理由をご存知でしょうか?
産み分けをしたい理由というのは、色覚障害や血友病を回避する、というのが最大の目的になります。
親から子供に遺伝をしてしまうことがありますので、これらを回避するために行われているのです。

 

最近では、男の子より、女の子を出産したいと考えている方が増えてきているようです。
昔であれば跡取りとして男の子を出産したい、という声が多かったのです。
しかし、女の子が産んでから次に男の子を産む、ということが増えているのです。

 

やはり2人目の子供というのは、1人目の子供は異性が良い!
という方が多いみたいですね。
もちろん、同じ性別であっても問題なし!という方もいるようですが、やはり異性が良いという方が大半です。

 

しかし、実際には生まれている子供の数は一夫婦につき1.4人と低い数字になっています。
不況の影響もあってか、経済的に子供を育てる環境自体が悪化しつつあります。
そして子供を育てる上で必要な経済的な余裕もないのです。

 

だからこそ、生まれてくる子供は夫婦がほしいと思っている性別が良い、と考えている方が増えているのでしょう。
できるだけ自分が欲しいと思っている性別の赤ちゃんを妊娠できるように産み分けについて考えてみてはどうでしょうか。

 

 

高齢出産をオススメしない訳

 

私が初めて子供を産んだのはギリギリ33歳の時でした。
まだ高齢出産の年齢には入らないけれど、昔からしたら遅いほうなのでその部類に入るなと思っていました。
時代の流れから、40歳ぐらいまでは大丈夫と思われています。実際私の友達も何人かそう思っている子がいます。

 

私も33歳だからオッケーなんて思っていたけれど、実際には体力的に辛かったです。
親戚や家族から、早く子供を産んだ方がいいよと催促されていたけれどその意味が分かった気がします。

 

高齢出産にもメリットがあると思うのですが、経済的安定や精神的な安定くらいですね。
産前よりも産後の負担が多いかなと思いました。産後の戻り具合は一般的でしたが、床上げ後の家事が若い子に比べてスムーズではなかったです。

 

授乳からくる寝不足も、赤ちゃんを抱っこするのも、想像以上に体力が必要なので高齢出産だと大変だなと思いました。
だから私は高齢出産はオススメできないなと思いました。実際に、二人目を計画中ですが、高齢出産になるので産後が怖いです(汗)

 

排卵検査薬セット