排卵日検査は同じ時間に

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

排卵日検査は同じ時間にする必要はあるか

排卵検査薬は、口の中の唾液で検査するタイプのものもありますが、多くの製品は、尿の中に存在している黄体形成ホルモンの濃度を測定するものとなっています。
この黄体形成ホルモンというのは、脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンの一種ですが、排卵がはじまる直前になると分泌されるという特徴があるため、排卵日をチェックする上では大いに役立つものです。

 

こうしたことから、排卵検査薬を使用する場合には、尿中に含まれている黄体形成ホルモンの濃度が、自然に排卵する以外の原因で過大に変化しないように注意する必要があります。
例えば、排卵検査薬による検査の前に、水を大量に飲んでしまうと、その分だけ尿中の黄体形成ホルモンの濃度が薄められてしまいますので望ましくないとされています。

 

この反対に、起床した直後のように尿が過度に濃縮された状態では、あやまった陽性反応が出やすいということも指摘されています。
こうした測定ミスを防ぐためには、排卵検査薬は日々なるべく同じ時間帯に用いるということが推奨されています。
毎日同じ時間ではなく、検査する時間があまりに変化するようであると、食事の際の飲水などの影響によって濃度も変化してしまい、測定ミスが誘発される可能性があるためです。

排卵検査薬セット