妊娠の確率を上げる

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

妊娠の確率を上げる排卵検査薬の使い方

 

妊娠するには排卵日付近に性行為をする必要があり、排卵日を事前に予測する方法に排卵検査薬を使用する方法があります。LHサージと呼ばれる「黄体形成ホルモン」の分泌が高くなる12時間から24時間前後に排卵するというメカニズムを利用して尿中に含まれるLHサージの数値を陽性か陰性かを判断する事で排卵日がある程度特定できます。

 

排卵検査薬は妊娠の確率を上げてくれる方法の一つですが、LHサージは個人差が大きく、常に分泌されており、数値が常に高めに出る人や低いまま排卵検査薬に反応しないほどの人もいます。この為、排卵検査薬を使って排卵日を特定する場合には使用する排卵検査薬がきちんと陽性と陰性の判断ができるかどうかを調べる必要があります。陽性と陰性がはっきりしない場合には商品との相性もあるので違う排卵検査薬で試すと良いでしょう。陽性と陰性の反応が出る事を確認した上で生理予定日の14日から17日程度前から毎日決まった時間に測定をする事で誤差を防ぎます。

 

また、検査前に多量の水分を摂ると正しく判定されない場合もあります。陽性の線が徐々に濃くなる判定が出た場合、1日1回の測定を2回にする事でより確実な排卵のタイミングを得る事が出来ます。
妊娠の確率を上げる使い方として陽性が出た日の夜または翌日にタイミングを取ると良いでしょう。陰性が出るまで検査薬を使用し続け、1日もしくは2日おきにタイミングを取る事で排卵期を有効に使えます。

排卵検査薬セット