排卵検査薬のテスト開始

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

排卵検査薬のテスト開始は生理周期から

 

排卵検査薬というのは、排卵の直前の時期に一気に分泌される、黄体形成ホルモンの濃度の高まりを検知するものです。
そこで、ふだんの生理周期から考えて、排卵日が近づいた時期をテスト開始の時期として定め、そこから黄体形成ホルモンの濃度がピークとなる日を探すことになります。
もし排卵検査薬でピークの判定が出れば、その日を含めた3日間程度が妊娠する確率が高い日であるということになります。

 

したがって、排卵検査薬は1日だけ使ったとしても排卵の時期かどうかはわからず、継続的に使ってはじめて効果が確認できるというものとなっています。
この排卵検査薬のテスト開始日の設定ですが、一般には次回の生理開始日とみられる日の17日前あたりからというのが適当とされています。
これは生理周期が28日間という場合を想定したものですので、人によっては多少のずれはあるかもしれませんが、多くの場合はこれで正確な判定ができます。
ただし、ふだんから生理周期が不規則であるような人については、正確に黄体形成ホルモンのピークを判定することが難しい場合もあります。
こうした人については、とりあえず最近数回の周期のなかで、もっとも短いものを基準として、このテスト開始日を割り出すのがよいでしょう。

 

 

妊娠検査薬の判定

 

妊娠検査薬でお腹に子供がいると分かったら、すごく最初はびっくりします。
でも、出産準備をしていると、そういう不安よりも、喜びの方が大きくなりますね。
妊娠検査薬を買う時には、恥ずかしい気持ちがありましたが、もう今は妊娠検査薬をドラッグストアとかで購入しても何とも思わなくなってしまいました。
でも、妊娠検査薬は、念のために、2本入りを購入した方がおススメです。
外国製の物は反応が良くなくて、判定出来なかったとかありますからね。
やはり国産の方がいいかなって思います。
2本あると、一回失敗しても大丈夫なので、すごく安心です。
値段も一本入りと2本入りでは、2本入りの方がお得だと思います。
一回で結果が出たら勿体ないですけどね。
でも、ちょっと早めに検査をしたいって言う人だったら、2本入りを買っておくと、後でもう一回使えるので良いと思います。
まあ、今はネットで購入する方が、対面販売じゃないので、恥ずかしさとかもないのでいいかもしれませんね。
子供がいる生活は大変ですが、それでも子供から貰える幸せって言うのもありますね。
自分を母親にしてくれるのは子供だけですからね。
自分も子供に感謝しないといけないと思いました。

排卵検査薬セット