排卵日セルフチェック

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

排卵検査薬以外にできる排卵日セルフチェック方法

 

妊娠を希望する場合にも、希望しない場合にも、排卵日を知る事により、その確率を高める事ができます。排卵日をセルフチェックするには、排卵検査薬を使う事が手軽で良いです。

 

使用する期間は、同じ時間帯にチェックすると、より確率が上がると言われています。

 

排卵検査薬を使用しないセルフチェックの方法としては、基礎体温表を付ける方法があります。

 

基礎体温表は、毎朝起床前に、布団に入っている状態で、婦人体温計で体温を測るそれを、折れ線グラフにして排卵日を特定します。はじめのうちは、測定する事を忘れて起床してしまう事もありますが、排卵日だけで無く、生理周期を把握する事ができます。自分の生理周期をしらない女性は、珍しくはありませんから、これを機会に知っておくと良いです。

 

生理周期を知っておくと、排卵検査薬を使用する際にも、検査するタイミングや何日間使用すれば良いのか予測し易いですし、体調管理にも役立ちます。また、出産予定日を算出する際にも、生理周期が関係していると言われているので、妊娠した後のためにも知っておくと良いです。毎日、基礎体温を測る事は、難しい事と思われがちですが、慣れてしまえば、すぐに習慣になります。

 

 

排卵が遅れる原因として考えられること

妊娠を考えている人にとっては排卵日を予測することがとても大切です。次の排卵日がいつごろだからこの日にタイミングとろうとパートナーと相談をしている人も中にはいるかもしれませんね。

 

しかし、時には排卵日がずれることもあります。その原因として考えられることは、仕事の疲れ、食生活のみだれ、ストレス、また睡眠不足などがあります。

 

女性の身体はちょっとした変化で容易に変化するものなのです。またその前後で体重の増減があったかどうかも大きなポイントですね。体重の変化は時として排卵に影響を与えることがあるからです。

 

せっかくタイミングを計ろうと思っていても、それが遅れると性行為の意味がありません。そのために、可能ならば、予測した日から連続で数日継続するなどお互いの努力も大切です。

 

それでうまく卵子と精子が受精する場、妊娠までたどり着くことが出来るのです。女性の身体は次こそは妊娠をしたいと思っているストレスによっても排卵がずれることもあります。

 

そのために過度の心配はいけませんが、二人で努力をすることも大切なのですね。また次があるという気楽な気持ちでいることを心掛けることも大切です。ストレスが大きな影響を与えることがあるからです。

 

排卵検査薬セット