排卵期までにしたい妊活

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

排卵検査薬を使用する際、排卵期までにしたい妊活は?

 

赤ちゃんを望んでもなかなかできないと、悩んでいる人も多いでしょう。周囲からは、赤ちゃんの顔が早く見たい、などとせっつかれたりして、落ち込む一方になってしまいます。
近年、子供をつくるためにいろいろなことを試したり、生活スタイルを変えてみたりする妊活という言葉をよく見聞するようになりました。最近、お笑いタレントの大島さんが、妊活宣言をして仕事を休業して励んだ結果、めでたく赤ちゃんが授かったと報告していました。

 

何の苦労もなく自然に赤ちゃんを授かれる人もいれば、努力を重ねてもなかなか願いが叶わない 人もいます。

 

不妊治療をする人もいますが、まずは自分の毎月くる排卵日を知って、その日に子作りに励むことが最もシンプルな方法です。子供を授かれる可能性が高い重要な日を知ることが、望みを叶える第一歩です。

 

生理周期が不規則で排卵日が分からず、妊娠が難しい人もいます。基礎体温を毎日付けれて排卵日を探る方法もありますが、三日坊主で続かないのが現実のようです。

 

こうした人を助けてくれるのが、排卵検査薬です。
排卵検査薬は、尿で検査をするので自宅でも簡単にでき、排卵の日を予想をしてくれます。排卵する日が毎月ズレてしまう人には、その日を特定してくれるこの排卵検査薬は とても役立ちます。

 

 

 

排卵検査薬で排卵の遅れはわかる?

 

排卵検査薬は、その商品にもよりますが排卵日当日~数日前になると陽性となり、排卵日がわかる仕組みになっています。

 

ほぼ28日周期で生理が訪れている人の場合には排卵日の大体の日にちがわかりますが、ストレスや疲れなどにより、生理を起こす女性ホルモンのバランスはすぐに崩れてしまいます。

 

そのため「本当ならこのくらいに生理がくる」というタイミングがずれてしまうことは良くあることです。

 

排卵検査薬は排卵日付近に増える女性ホルモンの量が多くなって妊娠しやすいタイミングになっていることを知らせてくれるものです。

 

そのため、排卵日のずれの原因となる女性ホルモンの分泌量が少なければ陽性の反応は出ません。

 

「いつもならこのくらいのタイミングなのに?」というところで陽性の反応が出ていない場合には、排卵のタイミングが遅れているという合図でもあります。

 

もっと正確性を上げたい、検査薬は費用が掛かるからもったいない、という場合には、基礎体温のチェックと並行して検査薬を使用するようにすると良いでしょう。

 

基礎体温をチェックしていれば「このタイミングで検査しよう」というポイントがわかりやすいので検査薬の費用も安くなるというメリットがあります。

 

排卵検査薬セット