働く女性が貰える出産手当金

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

働く女性が貰える出産手当金

 

ちょっと前は、『専業主婦希望の若い子』が多いというのが話題になりました。
でも、実際に専業主婦になっても、本当に『勝ち組』になっているのはごく一部ですね。
エリートの旦那さんがいて、専業主婦をしている人は優雅ですが、専業主婦ってそんな人ばかりではないんですよね。
仕事がしたくても見つからなくて専業主婦している人や、家系に余裕がないけど、働きたくなくて専業主婦をしている人とか。
本当に色々なタイプの専業主婦がいます。

 

でも、今の時代、共働きの女性が多くなっており、専業主婦をして本当に得するのは、本当に一部の富裕層の奥さんだけだと思います。
旦那さん一人では年収400万円の家庭でも、奥さんが同じくらいの年収で働けば、二人で年収800万円の世帯になりますからね。
奥さんが働かない家ほど、世帯収入がどんどんと低くなり、結果的には、貧乏になってしまいます。

 

旦那さん一人だけで年収が1千万円超えているような家だったら問題ないですけどね。
やはり働いている方が、出産手当金も出たり、子供がデキた時にも有利なことがあります。
出産一時金もありますが、出産手当金の方が高年収の女性にとっては非常にメリットが大きいと思いますね。
出産手当金が出ない専業主婦は、やっぱり自己負担が大きいですね。

 

 

妊娠検査薬、6週目で反応がなかったら……

妊娠していると、個人差はありますが生理予定日より数日前から生理予定日くらいには妊娠検査薬で陽性反応が現れる方がほとんどです。
週数で言うと、3週から4週といったところでしょう。
これも個人差があるので一概には言えませんが、28日周期の方なら生理から14日目が排卵日で、順調にいけばそこから一週間後には受精卵が着床している計算になります。
着床すると、妊娠している人しか出ないホルモンが分泌されるので、妊娠検査薬はこのホルモンに対して陽性反応を示します。
ですから、その計算でいけば6週目というのはもう子宮の中に胎嚢だけでなく胎芽が見えていてもいいころなのです。
人によっては心拍が確認できることもあります。
28日周期で6週目に反応がないとしたら、残念ながら妊娠はしていない可能性が高いですね。
しかし、生理予定日を過ぎて2週間経っても生理が来ていないということなので、それには他に何らかの原因があるということになります。
想像妊娠なのかもしれませんし、ストレスが原因かもしれません。
もしかしたら子宮や卵巣に何か問題が生じている可能性も考えられます。
妊娠を望んでいて生理が来ないのは困りますから、早めに婦人科に相談してみた方が良いでしょう。

 

 

排卵検査薬セット