カンジダ膣炎は性病?

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

カンジダ膣炎は性病?

 

激しい痒みやおりものの異常が見られることで発見されるカンジダ膣炎は、性感染症(STD)のひとつに数えられ、性病として扱われる感染症です。しかし、カンジダ膣炎は性行為がなくても感染する可能性があり、別の原因によって発症するのが特徴です。カンジダは真菌と呼ばれるカビの一種で、膣内にも常在菌として存在しています。また、空気中や食物にも存在しており、様々な場所から感染する可能性があるカビと言われています。通常は人間の免疫力によって抑えられており、膣内にいるカンジダも大人しくしています。

 

しかし、ストレスや体調不良によって免疫力が低下するとカンジダ膣炎が発症します。また、風邪などの治療で抗生物質を使うと、膣内にいる善玉菌まで駆除してしまい、カンジダが活動しやすい環境となって増殖するようになります。この状態で性交渉を行うと、症状が悪化するおそれや、活発になったカンジダが相手にうつる可能性があるため、治療中は性行為を控えるように注意されます。免疫力が低下していなければ感染することはありませんが、ごく稀に感染するケースがあります。このことから性病とは言い切れないところがありますが、性感染症のひとつとして存在しています。

排卵検査薬セット