カンジダ膣炎を市販薬で

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

カンジダ膣炎を市販薬で早く治す方法

 

膣内に痒みや痛み、おりものの異常など辛い症状を起こしてしまうカンジダ膣炎ですが、基本的には産婦人科で診断と治療をしてもらいます。
悪化してしまうと、かなりの月日を治療に向けるという事になりますし、日常生活に支障をきたす程の症状に発展する可能性もありますから、不快感を感じた時点で診断を受ける事も大切です。
それでも症状が軽いとか、病院に行く時間がないという人もいるでしょう。
そういった場合にはカンジダ膣炎用の市販薬を使って緩和させる事も出来ます。

 

飲み薬と塗り薬がありますが、いずれにしても薬剤師にきちんと聞いた上で自分の症状に一番合ったものを選ぶ必要があります。
市販されているものは比較的刺激の弱い薬ですから、大きな副作用を起こすという心配はありませんが、より治るスピードが上がるように選択をするのが良いでしょう。
塗り薬はまず塗布する前に患部を清潔な状態にしておきましょう。
お風呂上りが最適です。
細菌がある状態で薬を塗ると、余計に菌を広げてしまう事にもなり兼ねません。
さらに塗布した後も菌が繁殖しないように、通気性の良い下着を着用する事が大切です。
痒いからと言って強く掻いたり、傷をつけるような行為は厳禁です。

排卵検査薬セット