注意したいカンジダ膣炎

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

女性なら注意したいカンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎は、カビ類の一種である真菌カンジダ菌の過剰増殖によって引き起こされる感染症であり、カンジダ菌は約15%〜約25%の成人女性の膣や外陰部から検出される常在菌です。
カンジダ膣炎は、性行為感染症の一種と考えている人達が多くいますが、常在菌の異常繁殖により発症するので性行為の経験が無い少女でも発症する可能性がある日和見感染症です。しかし、カンジダ菌の増殖は、女性ホルモンのエストロゲンの働きに影響される為に、エストロゲンの分泌量の少ない少女や閉経後の女性のカンジダ膣炎の発症率は低くなっています。

 

カンジダ膣炎は、白くクリーム状のおりものやポロポロとしたカッテージチーズの様なおりものが外陰唇と小陰唇の間や膣内、下着に付着し、堪え切れないほどの激しい痒みが陰部にあらわれ、掻いて陰部が爛れてしまうケースがあります。
治療は、カンジダ菌の増殖を抑制する為に抗真菌剤の膣錠を膣内に挿入し、塗り薬で膣のかゆみや腫れを抑え同時に膣内の洗浄を行います。しかし、カンジダ膣炎は、非常に再発率の高い感染症なので治療以外にも日常から気を付けておく必要があり、カンジタを再発させない為に疲労やストレスを蓄積せず、良好な腸内環境と膣内の水素イオン濃度を酸性に維持する様に心がけます。

排卵検査薬セット