女の子の産み分けに必要なこと

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

女の子の産み分けに必要なこと

 

女の子を妊娠したい!
どうしても女の子が欲しいんだ!
そのように女の子を熱望している方は女の子を妊娠するためにも、できることはしっかりと試す!
というのが重要になります。

 

妊娠するうえで、必要不可欠な夫婦生活なのですが、このタイミング、回数は産み分けに非常に深く関係しているのです。
また、パートナーができることも重要です。

 

女の子が欲しいと思うのであれば、基礎体温をつけるようにしたり、淡白な夫婦生活を持つべきですが、もう一つ押さえておくべきポイントというものがあります。
それは、夫婦生活の回数自体を増やす、ということになります。
また、男性の射精回数を増やすことも重要になりますよね。

 

というのも、精子というのは一定量までであればX精子もY精子もほぼ同じ量が作られます。
しかし、それを超えた場合には男の子を作るY精子ばかりが補充されてしまって、男の子を妊娠しやすくなるのです。

 

そういったことを避けるためにも、最低でも1週間に一度射精の機会を持つようにしましょう。
また、なるべく浅い挿入を心がけることも重要です。

 

少し女性が物足りなさを感じてしまうくらいの浅い挿入を心がけることによって女の子を妊娠しやすくなりますのでおすすめですよ。

 

 

女の子の産み分けと赤ちゃんの性別

 

赤ちゃんの性別というのはそもそもどのようにして決まっているのでしょうか。
卵子と精子が受精する時に男の子か女の子かが決まります。
この性別の決めてというのは精子にあります。

 

卵子と精子には肌の色や髪の毛の質、色、性別を決めるといった様々な要素が染色体に詰め込まれています。
これは23種の対になっているのですが、性別を決めているのは23番目の染色体になります。

 

この染色体というのは2つの種類があるのですが、男性になるのはY精子です。
アルカリ性に強くて寿命は24時間です。

 

そして女性になるのはX精子です。
酸性に強くて寿命は2日から3日になります。

 

卵子と上記の精子が受精することで赤ちゃんの性別というのは決定されるのです。
また、膣内環境によって赤ちゃんの性別は異なります。

 

普段は酸性の状態を保っている膣の中ですが、これは雑菌が入ってこないようにするために防衛機能が働きます。
しかし、排卵がある直前というのはその環境がどんどん変化していきます。

 

アルカリ性粘液が排卵近くになるとアルカリ性に変化していきます。
膣内環境はこのようにどんどん変化しますが、Y精子はアルカリ性に強いのですが、X精子は酸性に強いのです。

 

X精子が生き残りやすい環境にする、ということが重要なのです。
そうすれば女の子の産み分けをすることが可能なんですよ。

排卵検査薬セット

女の子の産み分けに必要なこと記事一覧

女の子産み分けとオーガズムオーガズムというのは男性にとっては射精になります。セックスをしている時というのは男性はまず間違...

女の子産み分けと体位女の子の産み分けを実践している方というのは非常に多いと思います。排卵日の特定はもちろん、その次に多く...

女の子の産み分けには淡白なセックスを女の子を妊娠したい!そのように思われるのであれば、排卵日間近を意識して、セックスをし...

女の子の産み分けのコツ女の子を産み分けるためには、まずは男の子ができやすい環境を知る、というところからスタートします。と...

女の子の産み分けなら健康面のチェック産み分けをするのであれば、なによりもまずは健康体でなければなりません。体と心のコンデ...

産み分けで女の子を妊娠したい!ほしい性別の赤ちゃんを授かる、というためには、いくつか注意をしなければならないことがありま...

女の子の産み分けと妊活初めての妊活をする方というのは妊娠に向けてどのような事から手を付けていけば良いのか分からない…その...

女の子の産み分けと妊娠率UP妊娠率がUPするタイミング法というものをご存知でしょうか。妊娠しやすい排卵時期をチェックして...

高齢出産でも産み分けはできる?高齢出産というのは、母体にも赤ちゃんにも負担がかかりやすいといわれています。しかし、高齢出...

排卵検査薬選び、おすすめ商品のポイントとは排卵検査薬は、排卵の直前に黄体形成ホルモンの分泌量が急上昇することを利用して、...

妊娠検査薬と排卵検査薬って何が違うの?排卵検査薬や妊娠検査薬は同じように感じますが根本的に違います。わかりやすく表現する...

出産手当金の申請産休後に育休に入る手続きで、忘れちゃまずいのが、出産手当金の申請。育休中は、手当がもらえることは知られて...