排卵検査薬選び

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

排卵検査薬選び、おすすめ商品のポイントとは

 

排卵検査薬は、排卵の直前に黄体形成ホルモンの分泌量が急上昇することを利用して、その増加量から排卵日を判断するものです。しかし、黄体形成ホルモンの分泌量は個人差があるので、人によって適した排卵検査薬の種類が異なります。

 

まず、黄体形成ホルモンの分泌量をあまりよく把握していない人は、最初は標準的な商品を使用しておけば良いでしょう。黄体形成ホルモンの変化量については、平均的な数値を参考に、幅広く検出できるようになっているので、多くの場合はこのタイプの商品で問題ありません。

 

しかし、黄体形成ホルモンの分泌量が多めである自覚がある人は、排卵日でなくても陽性反応が出てしまう恐れがあるので、基準値が高めに設定されている種類のものが適しています。基準が高めなので、排卵日以外では陽性になる可能性は低いです。ただし、投薬等で黄体形成ホルモンの分泌が抑制されていると、排卵日付近でも陰性となる恐れがあることに注意です。

 

一方で、黄体形成ホルモンの分泌量が少なめな人は、感度が高く基準値が低めに設定された商品があるので、それを使うと良いです。通常時の分泌量が低い人は、排卵日付近でも、さほど分泌されません。なので、わずかな黄体ホルモンの増加を敏感に察知できるものが効果的です。

排卵検査薬セット