妊娠検査薬と排卵検査薬って何が違うの?

排卵日がはっきりわかります。

排卵検査薬

妊娠検査薬と排卵検査薬って何が違うの?

 

排卵検査薬や妊娠検査薬は同じように感じますが根本的に違います。わかりやすく表現すると妊娠しているのかを確認するものと排卵しているのかを予測するものです。予定日を過ぎても生理が来ていないなどの場合に確認する際は妊娠の際に分泌されるホルモンを感知し陽性と判断されます。

 

一方、排卵はホルモンが卵胞に作用することで排卵を引き起こします。このホルモンというのは卵胞の成熟に伴って分泌されるホルモンを察知すると多量に増加することが特徴で、この増加を感知して陽性判断が出るような仕組みになっています。また、排卵検査薬も妊娠検査薬も早朝に尿をチェックスティックにかけて判定をしますが、検体である尿にひたした後は、水平な場所に置くなどして様子をみます。チェックスティックは尿と反応させて結果を表示させるため、しっかりと尿が完全に行き渡るようにする必要があります。

 

このように使い方は同じなので、検査薬自体も混同してしまう人が多くいますが、基本的な意味合いが違います。排卵を予測するものであれば妊娠はわかりませんし、妊娠を確認するものであれば排卵はわかりませんので、きちんとその違いは理解した上で自分に必要なものを購入、もしくは処方してもらうようにしてください。

排卵検査薬セット