menu

排卵検査薬いろいろ雑学

妊活は早めに始めるのがベスト

Pocket

現在では、第一子を出産する年齢は平均で30歳前後です。
昔は20代で子どもを生むのが当たり前でしたが、女性の社会進出が進むにつれ初産の年齢は下がってきています。

不妊治療の技術も進み、35歳を過ぎてから第一子を出産する女性も増えてきました。
ですがやはり、妊活は20代のうちに行う方がベストです。

20代後半から妊娠率は減少していき、35歳を堺にぐっと下がってしまいます。
でも仕事をしている女性は30歳前後が一番仕事が楽しくなるとき。

妊活と仕事の両方を同時に進めていくのは簡単ではありません。
妊活の方法にはいろいろありますが、基礎体温を計って排卵日を調べる妊活法であれば自宅でも行えます。
排卵日に合わせて子作りをすることで、妊娠する確率を高めることができます。

その他にもストレスを溜めないことや、体を冷やさない、睡眠時間を削らないことなども重要です。
数年単位の期間を要することもあるので、妊活は早めに始めるに超したことはありません。

 

妊活して初めて自分の体のことを知りました

自分の体のこと、わかっているようで実は知らないという女性は多いです。

妊娠しやすい時期はいつなのか、排卵期とは何なのか、妊活するまで知らなかったという方も多いのでは?
実は私も、妊活をして初めて排卵期の調べ方を知りました。

基礎体温を毎日計ることが大事だというのは前から知っていたのですが、体温がどう変化すると妊娠しやすい時期なのかはわからなかったのです。

でも今はネットで簡単に調べられるし、妊活アプリで自動的に排卵期を計算してくれるので便利ですよね。
昔は親や友達、病院の先生に聞くしか妊活の方法はありませんでしたから。

排卵期を調べるには、毎日基礎体温を計る必要があります。
少しでも体を動かすと体温が上がってしまうので、起きたらすぐに寝たままの状態で測らなければなりません。

一ヶ月測り続けると、低体温が続いたあとにさらに体温が下がり、高温期に入るという一定のリズムがあることに気づきます。
妊活するなら低体温から高温期に入る直前に子作りするのがベストのようです。

 

30歳から夫と一緒に始めた妊活

私は20代半ばまで子どもが欲しいと思ったことはありませんでした。

赤ちゃんは可愛いけれど夜泣きが大変だし、言葉を覚え始めると毎日が戦場のようになります。
子供と接するのが苦手ということもあり、結婚はしたいけれど子供は別にいいと思っていました。

でも大好きな人ができて、その人と結婚したいと思うようになったんです。
そしたら今度はこの人の子供が欲しいと思うようになって…。

夫と話しあった結果、妊活をすることになりました。
今はちょうど30歳なので年齢的には問題ないのですが、昔から生理不順があり、妊娠しやすい体とは言えません。

今は生理不順を正すために生活改善をして、妊活サプリを飲んだりヨガをして体を温めたりしています。
妊活に夫が協力してくれることが励みになっています。

もし子供ができなくても、夫婦二人で楽しく過ごしていこうよと言ってくれた時は涙が出ました。
赤ちゃんはほしいけれど、妊活を頑張りすぎてストレスを溜めないように気を付けたいと思います。

2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

アーカイブ