menu

排卵検査薬いろいろ雑学

マタニティウェアで買うべきマストアイテム

Pocket

マタニティウェアの一つとして、妊婦さんがよく買う『産褥ショーツ』。
色々なサイトや書物を読んでも、全体に出てくるんですよね。

なので私も3,4枚ほど購入してしまいました。
でも、産褥ショーツは、本当に2枚くらいで良かったかも!

というのも、産褥ショーツを使う機会が、本当に少ないからです!
産後の悪露が出ている時期は、チェックなどで産褥ショーツをよく使いましたが、退院したらほとんど使いません!

マタニティウェアの中でも、かなり短命なアイテムですよね~。
しかも産褥ショーツって、マジックテープ部分が、脚に当たって、チクチクと痛くて、私はすごく履き心地が悪かったです!
やはり普通の生理用ショーツの方が、すっきり履けて良かったです!

なので大量の悪露が出ている時には、産褥ショーツを使いましたが、収まったらそうそうに生理用のショーツに変えてしまいました。
好みがあると思いますが、私はすごく使い難くて、あんまり好きではありませんでした。

産褥ショーツを何枚も買うんだったら、ちょっと大きめのサニタリーショーツを購入した方が良かったかも。

でも、診察で1枚は必要になりますので、デキれば少数だけ用意した方が良いですね。
マタニティウェアってもっと安くなればいいですよね。

 

赤ちゃんの生まれる日を計算する方法とは?

赤ちゃんの生まれる日を計算する方法は最終月経開始日から280日と言われていますが生理の周期にもよるので排卵日をきちんと把握しておくと良いでしょう。

排卵日をきちんと把握しておけばそれを利用して男女の産み分けをする事も可能です。もちろん100%の確率ではありませんが、男の子を望む場合、女の子を望む場合それぞれの方法があります。

女性の卵子はX染色体のみ、男性の精子はXとYそれぞれの染色体を持っていて、X染色体の精子が卵子と結合するとXX染色体となり女の子、Y染色体の場合はXYとなり男の子が生まれますが、XとY精子それぞれに特徴があるのです。

X精子は動きが遅くアルカリ性に弱い、そして寿命が長く数が少ない、Y精子は数が多く動きが早いが寿命は短く酸性に弱いといったかんじです。

男女の産み分けは女性の膣内が酸性かアルカリ性か、卵子と結合するまで生き残れるかという事を考えて行います。

女性の膣は普段は酸性ですが排卵日が近づいたり性行為で満足するとアルカリ性に傾きます。その性質と精子の特徴から考えると、排卵日2~3日前に素早く射精すれば女の子、排卵当日にじっくりと性交渉する事で男の子となる確率が高くなるのです。

 

私が妊娠に気が付いた時

妊娠に気が付いたのは4週目のあたりでした。妊娠して1カ月目、週でいうと0から3週目は検査薬でも反応が出づらく妊娠に気が付くことはほとんどありません。

私は4週目で強烈な体の倦怠感に襲われ、もしかしたらと思って病院に行ったところオメデタだということがわかったのです。

そのあとも倦怠感は続き、家事をやらなければいけないのにどうしても体が動かなくなったりして大変でした。
しかし夫が協力してくれ、大変な時は全て家事をこなしてくれたので本当に感謝しています。

夫が協力的でない場合には本当にツラい思いをするかと思います。とにかく無理をしないように、休み休み体を動かして下さいね。

2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

アーカイブ